Uncategorized

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 2話ネタバレ

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』

第2話

娘に中出し!?親子じゃないから大丈夫!?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

チンジャオ娘×小桜コマネコ最新作の『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第2話が公開されたのでネタバレを紹介していこうと思います。

↓↓会員登録無しでのお試し読みはこちら↓↓


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

娘を床に押し倒し、パンツを脱がそうとする父親

『おらっ|後ろを向けっ!!』

そこに昨日のように優しい父親の姿はなかった…

あるには、ただ自分の本能に従い、娘をメスとして見ている野獣のような姿になった父親の姿だけ

そんな父親に陽葵は

『ダメっお父さん。やめて…』

それでも俊樹は陽葵のパンツを下ろす。

そこには、陰毛が生え茂った淫部が顔を覗かせていた

十数年前とは変わり果てた娘の淫部に興奮した俊樹は
陽葵のマ○コへと手を伸ばしていく…

↓↓チンジャオ娘の作品独占配信中!↓↓



手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので ネタバレ+

陽葵のすっかり育った姿に、後には引けなくなった俊樹

『お前すっかりエロくなったな。まぁそうだよな。お前ももう子供を産める歳だもんな』

と、いうと同時に陽葵の淫部を弄り始めた

ネチャネチャネチャネチャ

いやらしい音が二人っきりのリビングに鳴りわたる

『お前の穴まだだいぶ狭いな。まぁ当たり前か。俺が広げてやるからな』というと

陽葵の淫部を弄っていた音に激しさが増す

『おっと、だいぶ濡れてきたな。ひなた、俺挿れるわ』

俊樹が陽葵のマ○コにチ○コを挿入しようとすると

『痛い…痛いよ…。止めてよお父さん』

と言われるが俊樹にそんな言葉は届かなかった

『ヤッベ。超気持ちいいわ。陽葵のマ○コ』

そう言って腰を振り続けた。

『やばい、イク。お前のマ○コ気持ち良すぎるわ…。こんなの中に出されても文句言えないぞ…』

「やめて」と言っている娘の言うことには一切耳を傾けない俊樹。

そして最終的に陽葵の子宮に向かって射○をしてしまう…

↓チンジャオ娘作人気作品の無料お試し読みはブッコミ!!↓

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 2話感想

今回の第2話の感想です

十何年間、娘として育ててきた父親が娘の身体に興奮し始める俊樹の性欲

バドミントン部に入っていて、部活で出来上がった妖艶ボディ

親子である可能性は0

そんな現実を突きつけられた俊樹は、部活から帰宅した陽葵を押し倒し、襲いいかかり始める

そんなストーリーなら、もう襲いかかる他ないですよね(汗

娘に嫌われているならまだしも

娘も父親を慕っていて大変懐いている可愛い系の女の子なので
襲われてもしょうがない…かなっと…((

↓そんな親子の近親○姦の無料お試し読みはこちらから!!↓